長崎でも新型コロナウイルスの感染者が毎日のように確認されています。コロナウイルスの第2波に向けてアップパートナーズ長崎・島原オフィスではさまざまな対策を行っています。

【Zoomでの会計報告】
 Zoomとはパソコンやスマートフォンを使用して、オンラインでセミナーやミーティングを行うことができるツールです。必要な物としてパソコンとWebカメラ(内蔵または外付け)とマイク、インターネット環境があれば無料で始めることができます。

 現在アップパートナーズ長崎・島原オフィスではお客様への報告を可能な限りZoomやSkype等を利用することで外出による感染のリスクを減らし、お客様先にもウイルスを持ち込まないという取り組みをしています。 今まで対面で行ってきた報告や情報提供などがZoomに変わっても、カメラ越しにはなりますが顔を見ながら話ができますし、画面共有機能で資料の共有をしながらのご報告も可能です。
 一般的に、内蔵のWebカメラが搭載されているパソコンや、USB接続のWebカメラをご使用の場合は、マイクも内蔵されています。
 訪問は遠慮して欲しいけど、パソコンの操作に自信がない等のご不安がありましたら、弊社担当者にご相談ください。弊社のIT支援課にて接続のサポートをさせていただきます。

【LINE活用での資料回収】
 これまでは弊社の担当者が訪問したり、お客様から資料のコピーをFAXや郵送していただいたりしておりましたが、通帳や現金出納帳をスマートフォンで撮影した写真を弊社のLINE公式アカウントに送付していただくことで、担当者訪問によるコロナの感染リスクをなくし、簡単に資料回収を行うことができます。LINE公式アカウントで受信したデータは弊社の担当者が安全に保管し、会計データに取り込みます。
 LINEを活用することによって、これまで通帳や出納帳をコピーしてFAXしたり、郵送したりしていた手間や費用が削減できますので、是非LINE公式アカウントのご登録をお願い致します。※別紙のQRコードより登録が可能です。

 またアップパートナーズ長崎・島原オフィスではIT化のご相談等も受け付けています。在宅ワークや勤怠管理、電子決裁システム等、ご興味があれば弊社担当へご相談ください。

 

【株式会社 内田会計事務所 総務部IT支援課 主任 東野宏和】
【『月刊 アップ長崎・島原』2020年9月号】


>その他のUP!9月号の記事については、下記をダウンロードしてご覧ください。
UP!2020年9月号
UP!2020年9月号-特別編