新型コロナウイルスの影響で、テレワークの活用が注目されています。

 ●実施してみたいが、自社で利用できるのか?
 ●お金がかなりかかるのではないか?
 ●そもそもどうしたらよいかわからない 等の声を耳にします。

 弊社では、以前から在宅勤務制度を導入しており、場所を選ばない働き方を推進しています。
 意外と手軽に実施できますし、やってみると便利さもわかっていただけます。職種にもよりますが、うまく行けば、通勤時間の削減や疲労の軽減、また新型コロナウイルス感染リスクも減らせます。ぜひ導入をご検討ください。

 弊社の取り組みを紹介させていただきます。

必要なもの
☆パソコン本体 1台(利用できるPCをお持ちでしたら、購入の必要はありません)
☆インターネット回線
☆ソフト:TeamViewer 年間24,800円~(個人版は無料のタイプもあります)

使い方
(1)事前準備
 ①事業所にある接続先PCにTeamViewerをインストールします。
 ※ダウンロード及びインストールはこちら ⇒ https://www.teamviewer.com/ja/
 ②接続先PCからTeamVeiwerを開き、オプション→セキュリティで無人アクセス用にパスワードを設定します。
 ③開いたときに表示される、使用中のIDをメモします。
 ④接続元のPCにTeamViewerをインストールします。

(2)使用開始(自宅など事業所外からの接続)
 ①接続元のPCからTeamViewerを開きます。
 ②(1)で設定した、使用中のIDとパスワードを入力します。
 ③接続ボタンを押します。
 ④接続先のPCが表示されますので、普段どおり使用します。

※ 画面を遠隔操作しますので、接続元のPCを操っている状態になります。
  よって、事業所内で仕事をしているのと同じようにネットワーク内にアクセスできます。
  (共有フォルダや、事業所内のWebシステムなども利用可)
※ プリンターを使いたい場合も、接続先、接続元両方から出力できます。
※ 事業所内のPCを持ち出さないので、データ紛失のリスクは低いと思われます。
※ パスワードは定期的に変更することをお勧めします。

(1)事前準備
 ①自社または業者にお願いして、ルーターを購入・設置します。
 ②ルーターにVPN接続を設定します。(弊社ではCiscoシステムズのルーターを設置・設定)
 ③接続元のPCに、ソフトウェア、またはUSBメモリ等のハードウェアをインストールし、設定します。(弊社ではCisco AnyConnectというソフトを設定します)

(2)接続開始
 ①接続元のPCから(1)の③で設定したソフトを開きます。
 ②パスワードを入力し、接続ボタンを押します。

 ルーターには様々なタイプがあり、規模によりますが数万円~百万円を超えるものもあります。
 他にはUTMという、ネットワークの出入口に設置し、通信を監視して不正な通信を遮断したり、侵入を防ぐ役割を兼ねているものもあります。ネットワークを守るためにも必要なものですので、この機会にご検討いただいても良いかと思います。
 テレワークに関しては弊社でも導入サポートできますので、ご質問などありましたらIT支援課までご相談下さい。

 

【(株)内田会計事務所 総務部 部長 兼 IT支援課 課長 内野 敦史】
【『月刊 アップ長崎・島原』2020年4月号】

 


>その他のUP!4月号の記事については、下記をダウンロードしてご覧ください。
UP!2020年4月号
UP!2020年4月号-特別編