電子納税を活用することで、住民税納付(特別徴収)のために銀行手続に行かなくても良くなりました。来月号では、弊社内での活用事例を紹介する予定です。

 今回は地方税共同機構のご案内資料を同封させていただきます。

 (以下、長崎市のホームページより抜粋)

★地方税共通納税システムとは
地方税共通納税システムとは、eLTAX(※)を利用して、自宅やオフィスから、全ての地方公共団体に電子納税ができる仕組みで、令和元年10月から利用できます。

※eLTAXとは、全国の地方公共団体で組織する「地方税共同機構」が運営する地方税ポータルシステムの呼称で、地方税における手続きを、インターネットを利用して電子的に行うシステムです。

●納税できる税金の種類
・法人市民税
・事業所税
・個人市民税・県民税(特別徴収分)

●納税の際の注意点
・領収済通知書は発行されません。
・1つの事業者で、組織内で部署や雇用形態毎に複数の指定番号で特別徴収を行っている場合は、1つの指定番号につき1つのeLTAX利用者IDを取得して利用されるようお願いします。

●地方税共通納税システムのメリット
・全ての地方公共団体へ一括して電子納税ができます。
・申告から納税まで一連の手順で行えます。
・ダイレクト納付(※)ができます。

※事前に登録した金融機関口座から、口座振替により直接税金を納付する方式です。

【株式会社 内田会計事務所 総務部主任 峰  恵里奈】
【『月刊 アップ長崎・島原』2019年11月号】


>その他のUP!11月号の記事については、下記をダウンロードしてご覧ください。
UP!2019年11月号
UP!2019年11月号-特別編