ハラスメント問題がマスメディアに取り上げられる機会が増えています。ハラスメント問題は、被害者についてはもちろんですが、加害者の人生も大きく損ない、ひいては組織全体にも影響を及ぼします。

 今回は、この「ハラスメント対策」講座を行っていただいた「長崎市男女共同参画推進センター様(以下、アマランスと言います)」をご紹介いたします。
 地域発展のために、市民や企業のサポートを行っている公的な組織です。弊社の活用事例から、皆様にもアマランスを知っていただき、多くの方々にご活用いただけましたら幸いです。

 

◎弊社とのご縁

 2018年9月30日「長崎市イキイキ企業表彰」を受賞しましたが、その事前選考(7月~ 8月)の際に、長崎市の活動として、市の職員からアマランス様をご紹介いただき、パンフレットを受け取りました。
 その頃ハラスメント対策の研修を実施したいと考えており、講師を探していましたので、早速電話でお尋ねしました。要望をお伝えしたところ、とても親切にご対応くださり、「講師派遣講座を活用してはいかがでしょうか?」という話をいただきました。
 講座の日程や参加人数、希望時間帯に合わせ、適切な講師の方を派遣してくださるとのこと。申込書をお送りし、講座会場の準備は必要ですが、その他経費は不要です。早速活用することになりました。

 

◎開催した2つの講座

●1回目 「ハラスメント研修の実施」
日程:2018年9月3日
対象:全社員
講師:もりなが協同法律事務所 弁護士 小泉朋子先生

 アマランスの西田様のお力添えにより、単なる知識付与の研修ではなく、「組織」の意識改革として具体的な内容で、社員にとってイメージしやすいものでした。
 今年は新入社員が6名入社しましたが、管理職の社員とは育った環境が違います。今の若い方の考え方などを学び、より効果的な社員教育につなげるためにはどのようにすればよいか、アマランス様にご相談し、2回目の研修を実施することになりました。

●2回目 「新入社員の教育法について」
日程:2019年6月10日
対象:管理職
講師:キャリアコンサルタント 永田あかね先生

 教育や指導のポイント等を学ぶ貴重な研修となりました。ゆとり世代、さとり世代と言いますが、世代で片付けるのではなく、そもそも育った環境も違いますし、発想も違います。パソコンがなかった時代から、パソコンや携帯電話が普及し、今はスマートフォンでSNSを活用した自由な情報発信が当たり前の世代です。自分たちの方法や価値観を押し付けるのではなく、その世代を理解することから考える必要があると思います。

 このように弊社ではよりよい職場づくりのためにアマランスを利用しています。
 もっと詳しく知りたい!と思いで、長崎市魚の町のアマランスに情報収集にお伺いし、利用できるサービスについて教えていただきました。

 ご対応くださったのは、
 長崎市男女共同参画推進センター センター長 坂本 惠子様、副センター長 中川原 真紀様、西田 節子様 です。

 

1.どのような取り組みをされていますか?

 男女共に、仕事や家庭、地域活動などに生き生きと参画できる社会づくりを目指しています。「何かを始めたい」、「学びたい」、「一緒に語りあいたい」、そんな皆様の「きっかけ」づくりや「つながり」の場になりたいと思っています。

2.利用できるサービスを教えて下さい。

 アマランスの三本柱として①啓発講座、②情報提供、③貸会議室があります。
① …… 男女差別や性別による固定的役割分担意識を払拭するためのさまざまな講座を開催。
   講座中は幼児の一時保育を無料で行っています。
② …… アマランス通信の発行等による情報発信。
   図書情報室には、男女共同参画に関する図書や雑誌、行政資料などを設置。
   自由に閲覧可能。市立図書館のカードで貸し出しも可能(雑誌の貸し出しは不可)。
③ …… 少人数の打合せから100人規模の研修などに対応するさまざまなタイプの会議室や研修室が揃っている。(営利または営業宣伝の目的で使用する場合は、使用料が倍になる)

3.便利な利用法はありますか?

 長崎市立図書館等で借りた本をアマランスで返却することが可能です。日祝日も21時まで開いているので、仕事帰りの方が返却に来られることも多いとのこと。もちろん図書の予約もできます。また、アマランス所在地周辺での催し、例えばランタンフェスティバルなど、他の店舗が閉まっている時間帯でも、アマランスは21時まで開いているので、赤ちゃんのオムツ替えや授乳も可能です。独立した授乳室ですのでプライバシーも守られます。ちなみにアマランスは「赤ちゃんの駅」(子育て世代のかたが無料でサービスを受けられる施設)に認定されています。気軽に利用できます。

4.事業所として利用出来ますか?

 坂本センター長より、弊社が活用させていただいた「まずは派遣講座を利用してみてはいかがでしょうか」とご提案いただきました。企業のニーズに合わせたさまざまな講座が利用可能です。講師の方のご都合次第ですが、派遣講座は土日でも対応できる場合があるそうです。参加人数は最低10名から可能です。


 このようなサービスがあることをご存知でしたか?

 コミュニケーションの活性化に向けた取り組み、女性活躍の拡大のための取り組み、福利厚生充実のための取り組みなど、より働きやすい環境にすることで、社員のやる気が上がり、離職率が低下し、最終的には事業所の業績UPにも繋がります。ぜひご活用ください。

 長崎市ではアマランスという愛称ですが、各市町村も違う名称で同様のサービスを行っているようです。詳しくお聞きになりたい方は、弊社または長崎市男女共同参画推進センター アマランスに直接お尋ね下さい。

(株式会社 内田会計事務所 総務部部長 兼 IT支援課課長 内野敦史)
(『月刊 アップ長崎・島原』2019年8月号)


>その他のUP!8月号の記事については、下記をダウンロードしてご覧ください。
UP!2019年8月号
UP!2019年8月号-特別編