去る6月1日弊社にて相続セミナーを開催致しました。今回は過去に相続手続支援センターをご利用いただいたお客様のみに案内致しましたが、あっという間に満席となり、改めて世間の相続に対する意識の高さに驚かされました。セミナーは「相続を争族としないために」という題目で、相続発生時における家族間のトラブルに関してお話させていただきました。
 相続トラブルの中でその筆頭に上げられるのは遺産分割、いわゆる遺産分けの問題です。何億円もの財産は無いから大丈夫だとお思いの方がいらっしゃるかも知れませんが遺産分割に関する家事事件の約7割が、遺産額5千万円以下です。要は金額の大小が問題ではありません。そしてほとんどの紛争は、亡くなった方の意思がはっきり伝わっていないか、分からない為に起こっています。従って、生前に自分の想いを形にして残しておくことが、結果として、大切な家族を守ることに繋がります。

 本格的な超高齢社会を背景として、世の中は空前の相続ブームとなっています。テレビや雑誌でも相続特集をよく目にしますし、どこの書店に行っても「終活」や「遺言書」「エンディングノート」などの特設コーナーが設けられています。以前は相続について考える事は、死を連想させるという理由でタブー視されていましたが、今はそのようなマイナスなイメージは無く、人生のエンディングを考える事で、“自分”を見つめ、“今から”をより良く自分らしく生きる活動として、前向きに捉えていくのが一般的となってきました。

 色々な所でセミナー講師をさせていただきますが、どの会場でも、参加されている方は明るくて前向きな方が多いです。◎相続税は掛かるのだろうか?◎節税できる対策はないのだろうか?◎納税資金で遺族に迷惑を掛けないだろうか?◎争族に発展しないだろうか?このように、相続について漠然とした不安を抱えている方がいらっしゃれば、累計1,000件以上の相続相談に対応してきた私達に是非お任せください。

 只今、相続手続支援センターでは無料会員制度「長崎いきいきサークル」の会員様を募集しております。入会金・年会費無料の会員制度ですが、お得な会員特典が多数ございます。また、いきなり個別相談は気が進まないという方は会員登録を先にしていただいて、定期的に開催している無料の相続セミナーに参加してみてください。セミナーに参加していただくことによって、ご自身や家族の問題点・不安な点がはっきり浮かび上がる事もあろうかと思います。是非この機会にご入会いただき、私達と一緒に楽しく相続について学び、今後の人生を前向きに過ごしていきましょう。

 

長崎いきいきサークルの詳細と会員登録はこちらから→

 

((一社)相続手続支援センター センター長 兼 (一社)昇継 専務理事 貞松 威穂)
(『月刊 アップ長崎・島原』2019年7月号)


>その他のUP!7月号の記事については、下記をダウンロードしてご覧ください。
UP!2019年7月号
UP!2019年7月号-特別編