昨年の6月に魚の町に新店舗を構え、おかげさまで丸一年が経ちました。ありがとうございます。あっという間でしたが、この一年間で約200名の方の相続問題に関してご支援させていただき、相続税申告の受注件数も年間30件を超えるペースでご依頼いただいております。
 この相続手続支援センターが、皆様にとってもっともっと身近な存在になれるように今後も努力していきます。

 最近は生前の相続対策のご依頼が特に多いです。テレビや雑誌などでも相続特集がよく組まれていますので、相続対策の必要性を感じていらっしゃる方が増えてきたのだと思います。
 ご相談者の中には、110万円の非課税枠をつかった生前贈与や住宅取得資金の贈与など、既に相続対策を実行している方もいらっしゃいます。しかしその方々に「そもそも相続税をいくらと想定しているのですか?」などと尋ねてみると「えっ?」と考え込んでしまう方がほとんどです。現状を正しく認識しないまま対策を講じているのでその成果がつかめず、いつまでも不安で落ち着かないのだと思います。
 相続対策は、現状を正しく認識する事からはじめ、様々な視点から検討していく必要があります。

 また相続を経験する前は、大体の方が「相続税が心配」とおっしゃいますが、相続経験後に話を聞くと、皆さん口を揃えて遺産分割(財産分け)が大変だったと話されます。やはり相続対策で最優先すべきは遺産分割(財産分け)の問題なのです。円滑に遺産分割を行う為の対策で、代表的なものは遺言書が挙げられると思います。遺言書を準備することはご自身にとってもご家族にとっても、大きな安心感に繋がります。私達も年間数十件の公正証書遺言の作成支援・証人立会を行っています。
 「いきなり遺言書はちょっと気が進まない…」と思われる方はまず相続について考える入り口としてエンディングノートを利用してみてください。弊社でも「笑顔相続ノート」というエンディングノートを準備しています。笑顔相続ノートは「愛する家族と自分自身へのメッセージ」です。決して暗いイメージでは相続手続支援センター 魚の町店開設から1年が経ちましたなく、ご自分の人生の棚卸しでもあり、今後の人生を豊かに前向きに生きていく為に書くものです。法的な効力はありませんが、相続発生後の財産の取扱だけではなく、ご家族への想いや、お世話になった方への感謝の気持ちなど、書いていく中で改めて自分の人生にとって大切なものに気付かされます。取り組まれたほとんどの方が書いてみてよかったとおっしゃっています。是非一度ご検討してみてください。

 私達の役割は、将来に発生する問題点を推測し整理して解決する事で、争う相続を最小限に抑え、家族のさらなる繁栄をサポートすることです。
 相続に関する事なら何でもご相談ください。個別の相談対応に関してはプライバシー保護の為、完全予約制とさせて頂いております。初回相談は無料でお受けいたします。
 (ご相談の予約は0120-933-580まで)

((一社)相続手続支援センター センター長/(一社)昇継 専務理事 貞松威穂 『月刊 アップ長崎・島原』2018年9月号より)