Emotet(エモテット)というマルウェア(コンピューターウイルス)が猛威を奮っています。

 Emotetに感染すると、

・パソコンに保存されている重要な情報(パスワード等)を盗み取られる
・ランサムウェア(ファイルを暗号化して開けなくなる)に感染する
・ネットワーク内にEmotetが感染する
・アドレス帳からメールでEmotetが配信される(ばらまきの踏み台になる)

 など、社内にも社外にも悪影響が及ぶことが想定されます。

 対策として、偽装されて届くメールから感染しますので、

・タイトルや本文を一瞬みただけで安全なメールとは判断しない(お知り合いが感染すると、その人からメールが送られてきます)
・添付ファイル(Word)を開くときは特に注意する(「マクロを実行する」「コンテンツの有効化」というメッセージが出た場合はファイルを開かずに閉じる)
・メール本文にあるリンクを不用意に開かない

 各人が危険を意識することが非常に重要な対策です。

 感染した、または疑いがある場合は、PCをネットワークから切り離して(LANから外す、電源を落とす等)、システム関連の部署または会社へお問い合わせください。
 また、メールサービスを提供するプロバイダ(Gmailなど)で、メールが届かない事例も発生しています。届くはずのメールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただくと、入っているケースもあるようです。

 下記のリンクにて、Microsoft Wordファイルのマクロの自動実行を防ぐために、マクロの無効化方法について記載しています。
 Wordでマクロという機能を使っていない場合は、予防策として有効です。ぜひご利用ください。

>>>>>>>>>> WORD でマクロを無効にする <<<<<<<<<<

 最後に、IPA(情報処理推進機構)という団体のホームページにて、事例と手口を解説するとともに、対策や関連情報を紹介しています。ぜひご覧ください。

 IPA(情報処理推進機構)「「Emotet」と呼ばれるウイルスへの感染を狙うメールについて」
 https://www.ipa.go.jp/security/announce/20191202.html

 皆様もどうかお気をつけください。