4月となり、新年度を迎えました。春は出会いと別れの季節と言いますが、アップパートナーズグループ長崎オフィスでも4月から大卒2名、高卒2名、計4名の新入社員を迎えました。人手不足と言われる折に、弊社を選んで入社して頂いたことを心より感謝しています。それと同時に、アップパートナーズで社会人生活のスタートを切られる新入社員の皆さんやそのご両親の期待に応えなければならない、という責任も感じているところです。

 人は企業の生命―採用難の時代対応に一工夫を

  数年前から言われておりました人手不足が、都市部から地方へ徐々に波及してきたように感じます。お客様からも、以前と同じ条件で求人情報を出しても応募がない、思うように人材採用ができない、といったお話を伺うことが増えました。アップパートナーズグループでも、福岡オフィスは数年前から、その後は長崎・佐世保・佐賀の各オフィスでも、従来の求人方法では徐々に採用が難しくなっていました。
 そのため、昨年から長崎オフィスでは採用活動を見直し、求人サイトの活用や学生向けの合同企業説明会への参加、高校や大学の就職課へのパイプ作りなどを行ってきました。また、求職者へのアピールとして「長崎県誰もが働きやすい職場づくり実践企業認証制度」(通称「Nぴか」)にチャレンジし、長崎県の認証を頂くといった活動も行いました。
 活動の成果は来年4月には明らかになることと思いますが、これらの活動を通じて、我々自身が自分たちの仕事内容や会社のあり方について改めて見つめ直す良い機会になったと感じています。求職者の方が採用面接を受けるに当たって自分自身を見つめ直すように、我々も採用活動を行うに当たって自社が世の中に向けてアピールできることは何なのかを考えました。そして、仕事を通じて地域経済に貢献することが我々の使命でありやりがいでもあることを、改めて認識することができました。

 組織は人で構成されており、その維持・発展には人材の採用が不可欠です。毎年、採用活動に取り組まれている事業者様は、徐々に人材採用が難しくなってきていることを実感されているかと思いますが、数年に一度の頻度で採用活動をされている事業者様の場合、以前との違いに驚かれるかもしれません。
 合同企業説明会では多くの企業が一同に会するので、会社や業界の知名度やイメージ、グッズやパンフレットなどの準備の良し悪し、ブースでのアピールの巧拙などが、ブースの集客具合という目に見える形で如実に表れます。自社の実績やブランド力など、会社としての総合力が丸裸にされているようにも思えました。言い換えれば、良い人材を採用するには会社の総合的な魅力が必要、採用に強い会社には急にはなれない、ということを強く感じました。

 採用難を受けて、求人支援サービスは多様化しています。求職者が就職先を探す手段も昔とは一変しています。求人はハローワークでいい、とお考えの方もいらっしゃいますが、今の若い方はあまりハローワークには行かないようです。採用に苦労されている事業者様は、採用手法を再検討されてはいかがでしょうか。我々が取り組んでいる採用活動につきましては参考までに情報を提供いたしますので、興味がおありでしたら弊社担当者へお伝え下さい。

(長崎オフィス所長税理士・内田佳伯 『月刊 アップ長崎』2017年4月号所長巻頭言より)