去る6月22日(金)、「第9回全国元氣玉ユーザー会in 長崎」が長崎市のホテル矢太樓にて開催され、弊社からは長崎オフィス所長の内田をはじめ9名の社員で参加してきました。
 この会は、株式会社ヒューマンネットワークの福田茂夫代表が「元氣玉セミナー」と題して全国の会計事務所を対象に行っている研修の受講者が全国から集まり、お互いの情報交換や事例発表、交流会を行うイベントです。
 「元氣玉セミナー」とは、「会計事務所の人間(会計人)こそ、社長の悩みを解消し元氣にできる存在であらねばならない」との理念のもと、財務コンサルティングや経営計画の活用法を勉強するセミナーです。弊社では、内田会計事務所の時代から継続して社員にこの「元氣玉セミナー」を受講させており、今年もこの会の直前の3 日間、若手スタッフを中心にセミナーを受講して財務分析やコーチングなどのスキルを学びました。

 

 今回、この「元氣玉ユーザー会」が当地長崎にて開催されることになり、弊社がホスト事務所として、これまでの恩返しとして開催に協力を致しました。
 当日は全国の会計事務所から70 名を超える会計人が集まり、月次決算報告やコンサルティングの手法、今後の会計事務所の役割などについて討論し、また論語の素読や人間学講座など人間力向上のための研修も行いました。弊社スタッフも討論に加わり、所長の内田より参加者向けに長崎の紹介も兼ねての講演も行いました。全国の会計事務所との討論や交流は弊社スタッフにとっても非常に勉強になり、また刺激となるものでした。
 せっかく全国から長崎にお越し頂いたので、翌日は風頭公園の竜馬像で幕末志士の大きな志に想いを馳せて頂き、その後は軍艦島クルーズで明治以降の日本の産業発展に長崎が果たした役割を知って頂くことで、弊社としても多少は長崎の観光振興にお役立ちできたのではないか、と考えています。

(長崎オフィス所長・社員税理士 内田佳伯『月刊 アップ長崎・島原』2018年8月号より)