この度、弊社は長崎県島原市に「税理士法人アップパートナーズ 島原オフィス」を開設しました。

弊社の母体は現総代表の内田延佳が昭和55年に長崎市で開業した個人事務所で、平成20年に当法人を設立し、現在は長崎・福岡・佐賀・佐世保と合わせて5拠点、グループスタッフは総勢266名を擁し、3千社(者)を超えるお客様にご契約いただいており、全国でも有数の規模の税理士法人となりました。これも長年お付き合いいただいている皆様のお蔭であり、心より感謝申し上げる次第です。

 

島原オフィスでは、地の利を活かして主に島原地区のお客様を中心にご支援させていただくことを基本としております。お客様の所在地や事業規模・業種・特殊性等を勘案して、今後一部のお客様には担当変更のお願いをさせていただく場合があります。その節は弊社の諸事情についてご理解いただきますよう、よろしくお願い致します。

また、島原オフィスは担当者がより多くのお客様を訪問し、経営者の様々なニーズへお応えしていくことに重点を置くように考えています。従って、島原オフィス担当者であっても、会計処理等を行う補助者が長崎オフィス常駐のこともありますので、毎月の会計資料を現状どおり長崎オフィスにお送りいただく場合もあるかと思います。詳しくは各担当者から説明をさせていただきますので、ご協力のほどよろしくお願い致します。

 

当面の島原オフィスは、所長・課長・課員2名・パート社員3名の計7名体制でのスタートです。少人数ではありますが、長崎オフィスとの連携を密にして品質保持に努め、地理的にも身近になり短縮された移動時間をより喜ばれるサービスのご提供へと活かしていけるよう、メンバーが一丸となり努力していく所存です。

地域の士業先生方や金融機関様方とも連携し、より強固なパイプを構築して、弊社の経営理念である「クライアントの未来創造」を実践して参ります。今後とも、末永いお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。

社員税理士 内田尚生(島原オフィス所長・長崎オフィス税務相談室長)
(『月刊 アップ長崎』2018年3月号より)