ランサムウェアとは、パソコンやスマートフォン内のデータを暗号化して閲覧できなくし、それを解除する為の金銭を要求してくるマルウェア(コンピュータウイルス)です。2017 年5 月に世界中で猛威を振るい多くのメディアで取り上げられました。

ランサムウェアは今も進化し、パソコンに限らずスマートフォンでも確認されています。画面をロックするもの、データをクラウド上へ不正に送信し窃取した連絡先へのばら撒きなどを脅迫するもの、暗号化の裏でビットコイン等仮想通貨を窃取する機能を持つものなど、様々な種類が現れています。

以前は感染したらすぐにメッセージを表示し、それからネットワーク内のコンピュータへ感染活動していたものが、今では暗号化メッセージをすぐには表示せずネットワーク上で感染活動を終えた後、時間差でメッセージを表示するといったものが増えているようです。感染に気づいてネットワークケーブルを外した時には、既に感染活動を終えている為、複数のコンピュータが被害に遭うケースが出ています。

こうした被害に遭わないために注意するポイントをまとめました。

・不審なメール(添付ファイル)は開かない
・怪しいWeb サイトや広告にアクセスしない
・金銭を要求されても支払わない
・定期的にバックアップを取る(複数媒体へ)

ランサムウェア対策で最も有用なのはバックアップを取ることです。大事なデータほど、定期的にバックアップを取るように心掛けましょう。

(IT支援課 東野宏和 『月刊 アップ長崎』2017年10月号より)