村山大稀 | アップパートナーズグループ長崎オフィス:リクルートサイト
エントリーする

先輩社員の声

村山大稀 製販課 (入社6年)

お仕事内容

現在のお仕事を教えてください。

会社の業務体制改善プロジェクトを進める製販課という部署で働いています。
一般的に会計事務所では、一件の顧問先対応を一人の担当者が専任で行うことが多いのですが、担当者にかかる負担が大きいというマイナス面があります。
製販課ではこれを監査担当者と訪問担当者との複数人で担当することで、社内全体での負荷分散と効率化を図っています。
具体的には監査担当者として顧問先の会計データの入力や訪問担当チームのバックアップを行っています。
但し、多くの案件に関わりますので、業務内容は多岐にわたります。

入社きっかけ

どのようなきっかけで入社されたのですか?

商業高校・会計コース卒業なので、簿記や会計知識を活かせる職種を希望して就活をしました。
そうした業種の中で、会社規模や安定性・将来性をみて、こちらなら安心して働けそうだなと判断しました。

やりがい・エピソード

印象強いエピソードはありますか?

何件かは業務効率化の流れに乗せられない仕事もあり、専任として担当しているクライアントもあります。
その中のお客様から、「担当は今後も変えないで欲しい」と言っていただけたことがありました。
やはりお客様から直接感謝の言葉をいただけることが嬉しいです。

ビジョンとメッセージ

ご自身の将来のビジョンなど

所属が製販課ですので、課として今取り組んでいる効率化の流れを推進させていきたいです。
会社として、全体の効率化を図り個人の残業をゼロにして給料を上げていこうという方針があるので、日々最適な形を模索しています。
社内体制が整えば、一人ひとりがもっと働きやすくなるので、その流れづくりに貢献したいですね。

就活中の皆様へメッセージなど

現在私は、仕事終わりに大学に通っています。選考は経済学です。
きっかけは、こちらで働きだして2年ほど経った頃、弊社の代表室に呼ばれて「大学行ってみらん?」と声をかけて頂いたことでした。
実際、お客様を訪問すると、相手は40-60代の経営者なので、税務と会計のお話しだけでは満足していただけません。経営的な話に踏み込むにあたり、大学の講義で学んでいることは大いに役立っています。
このように弊社は個人のキャリアアップをサポートし、こちらの希望を受け入れてくれる土壌があります。
会社の規模が大きいと、環境が整っているので立ち回りやすいと個人的には思いますので、そういった面も重視しながら、希望の会社を探されると良いと思います。