最近流行ってきている異常な身代金を要求するウイルス「ランサムウェア」というものを聞いたことはありますか?

このウイルスは厄介なことに、パソコンの中に入り込んでは、ファイルを暗号化して開けなくしたりパソコンをロックしたりします。使えるようにする唯一の方法は、「身代金を払うこと」…支払えば、半分くらいの確率で復旧されるそうです。

≪想像してみてください≫
・事業所のエクセルやワードのデータを開けなくなったら…?
・思い出の写真を見られなくなったら…?
おそらく、愕然とするでしょう。

対策を取り、少しでもリスクを減らしておくことが大事です。
≪対策例≫
・怪しいメールは開かない(リンク、添付ファイル)。
・怪しいホームページを見ない。
・各種ソフトのアップデートを行い常に最新の状態にしておく。(Windows Update、Adobe Flash、PDF、JAVA など)
・ウイルス対策ソフトを常に最新のものにする。
・大事な情報はバックアップして、別の場所(LANから外す)に保存することをおすすめします。

長崎でも数社感染していると聞いています。皆さんもどうかお気をつけ下さい。

(総務部部長・IT支援課課長 内野敦史『月刊 アップ長崎2016年8月号』より)