みなさま、こんにちは。

 

さて、以前あるグループホームの運営推進会議に出席させていただいたことをご報告いたします。

 

外部評価を実施させていただいたご縁で、運営推進会議で外部評価の結果を報告いたしました。

 

参加者は、地域の町内会長、民生委員、福祉センターの職員、利用者家族、施設職員。

 

まず施設職員から、月の行事、今後の予定の報告があり、その後、利用者家族、福祉センター職員、町内会長、民生委員からそれぞれ意見を伺うという内容でした。

 

町内会長からは、両親を以前グループホームに預けていた時、その施設では運営推進会議の際、利用者と利用者家族、施設職員の三者で、近況についての面談をした後、運営推進会議が開催していたとの報告がありました。

 

利用者家族からも、「運営推進会議に1時間以上移動時間をかけて参加をしても、30分位で終わってしまうと、会議への出席を躊躇してしまう。家族としては、職員から、最近このような状況です、というちょっとした報告があるだけでも安心をするので、三者面談後に運営推進会議をするのは、いい取組ではないか」との意見がありました。

 

利用者家族は、小さいことでも報告してもらえると安心できるということを改めて感じました。

 

今回運営推進会議に参加し、利用者家族や地域の方から色々な意見を伺う、いい機会になっています。

 

意義ある会議にする為に、私ども外部評価機関も評価実施後には、評価結果を報告していきたいと思います。

外部評価のお申込みは、医療福祉評価センターまでお願いいたします。